理事長挨拶

生徒の夢実現に向け安全かつ安心して参加できる
活動環境づくりをめざし、ユイマールの心で相互扶助の輪を広げよう

  この度、一般社団法人沖縄県高等学校安全振興会理事長に就任しました仲西春雅です。この度のホームページの新規開設に当たりごあいさつ申し上げます。

 本会は、高校生が希望の実現に向けた日々の活動を安全にかつ安心して参加できる環境整備をめざし相互扶助の立場から支援することを目的に設立された組織です。当初はPTAが主催する活動や学校管理下におけるけが等に見舞金を支給する事業を行う沖縄県高等学校PTA安全互助会として発足し、さらに「社団法人沖縄県高等学校安全振興会」に改組し活動を継続してきましたが、平成17年の保険業法改正を受け文部科学省PTA等共済室等の関係当局の支援や事務方のご尽力で、PTA等共済法に基づき本安全振興会自らが共済事業を実施できる一般社団法人に移行しました。
以前の社団法人からの経過措置も行いながらよりコンプライアンスの観点からの組織づくりと運営をめざして取り組んでいるところです。

一般社団法人
沖縄県高等学校安全振興会
理事長 仲西春雅

この共済制度のメリットは、
①法に則った事業で、共済事業の安定性や安心を確保。
②安価な掛金と手厚い補償。
③各団体の実情に即した制度設計や運営が可能ということです。
特に既存の民間保険との団体契約に比べて安価な掛金と手厚い補償は、安定した事業の継続を確保します。また、PTA等の主催行事での事故に際しても生徒だけでなく保護者、教職員にも保障の対象を広げ安心して活動できる環境を提供できます。

 ホームページには定款及び事業方法書や約款等を提示し事業内容の周知ともに、Q&A集を載せ事業内容を一層理解して頂くように努めています。さらに、請求・給付手続きのあらましと関連する様式がダウンロードできるようにするなど、共済業務の円滑化に努めました。

 沖縄には相互扶助としてのユイマールの風土があります。県民所得の面で経済的に厳しい状況にありますが、親は子どもの希望実現に向け学校生活を物心両面から応援しています。しかし、傷害、疾病、死亡等の事故は完全に排除することはできません。その折の多額の治療費等の懸念に対し相互扶助、ユイマールの心で安心して活動できる環境を整備したいものです。その為にも会員一人一人の安全振興会への加入が欠かせません。ご理解とご協力をお願いします。

終わりに、PTA活動での子供達の健康増進並びに健全育成と安全教育の推進に努めることをお約束し、さらに会員皆様の益々のご活躍をご祈念申し上げ、安全振興会のホームページ開設の挨拶とします。