理事長挨拶

 このたび、沖縄県高等学校安全振興会の理事長を仰せつかりました宮里です。よろしくお願いいたします。

  新型コロナウイルスの猛威はいつまで続くのでしょうか。生徒にとって楽しい思い出となるはずの学校活動と部活動が大きく制限されることによるストレスやダメージは大きく、心身ともに疲弊していることと存じ上げます。子どもたちの健やかな成長のため、一日も早く終息し、伸び伸びと学校生活を送ることができるようになることを願っています。

  さて、本会の目的は、沖縄県の高等学校及び特別支援学校高等部の生徒の健康増進及び安全教育の充実を図るとともに、生徒、保護者、PTA役員並びに学校職員等の災害について必要な給付を行い、教育活動及びPTA活動の円滑な展開に資することとしています。

  本会活動は全て、会員の皆様の会費(共済掛金)で賄われていますが、近年は、一年間にお預かりする会費以上の額を共済金としてお支払いする状況が続いております。財政の健全化を図るため、令和3年度から共済掛金の増額、令和4年度からは給付金率の見直しをさせて頂きました。

  一方で同じく令和4年度から、給付金を保護者へ直接振込するようにしております。本会を安定的に継続させていくために、引き続き、より効率的かつ合理的な運営が出来るよう、改善に努めてまいります。

  困難な状況に陥った生徒、保護者、職員を援ける相互扶助(ゆいまーる)の精神をご理解いただき、会運営にご協力くださいますとともに、子どもたちの健やかな成長とPTA活動の充実のために、本会を十分ご活用いただけることをお願い申し上げ、あいさつとさせて頂きます。

(一社)沖縄県高等学校安全振興会
理事長 宮里 憲